人見知り司法試験合格者 読解くん(ヨミトくん)のアウトプット

カテゴリ: 心理学

 

小室圭さんが、晴れてニューヨークの弁護士になった後、過労で倒れた結果、他の弁護士が代理人になって、色々訴訟起こすんじゃないかと、今から脳みそに汗をかいているヨミトです。

 

さて、犯罪者の中には、緻密に計画を練るタイプもいますが、いわゆる衝動的に犯行に及ぶ人もいます。

 

犯罪者は、なぜ犯罪を起こすのか、最初から、犯罪を起こしてやろうと、息巻いていた人ばかりなのでしょうか。

 

【目次】

1.犯罪者に対する聞き取り

2.犯罪を犯してしまう4つの理由

3.犯罪をエスカレートさせる「場面」の力

4.雑感

 

1.犯罪者に対する聞き取り

 

犯罪を起こしてしまった理由を実際に調査した報告があります。

 

もう、捜査や裁判でさんざん聞かれたであろうこと、あえて、もう一度聞くという、鬼畜の所業です。

 

ある刑務所で生命犯罪(殺人や殺人未遂)または性犯罪で受刑している人を対象に、事件を起こしてしまった理由を回答してもらいました。

 

ちゃんと回答するか不安な人達ですよね。

受刑者に対する信頼がなければできません。

きっと、調査した人は、大概の人を信用してしまう損するタイプの人間だと予測します。

 

2.犯罪を犯してしまう4つの理由

 

その結果を大雑把に以下の4つのグループに分けました。

 

①状況:「どうしようもなかった」「こうするよりしかたがなかった」など、やむを得ない状況で事件を起こした。

 

まぁ、確かに、殺人とかは、こういう、やむにやまれぬ事情とかあることもあるでしょうね。

これが、痴漢とか、性犯罪だと、嘘つけってなりますけど。

「やむにやまれず、触ってしまいました」って、嘘つくな、どんな事情だってなります。

 

②忍耐:「ちょっとの我慢ができなかった」など、忍耐力がなかったために事件を起こした。

 

これは、結構あるでしょうね。

犯罪につながるようなことではないけど、多くの人は、ちょっとの我慢できなかったことがあるのではないでしょうか。

 

③運:「不運だった」「偶然が重なった」など、意図したことではなく運が事件につながったと感じる。

 

状況が悪かったってことになるんですかね。

運が悪くて、人を殺したとか、わいせつ行為をしてしまったってのは、どういう状況?って感じですね。

 

④衝動:「衝動的性格から」など、思わず事件を起こしてしまったと感じる。

 

衝動的に襲われたら怖いよ!

これこそ、被害者が不運ですね。

 

3.犯罪をエスカレートさせる「場面」の力

 

こうした心理に拍車をかけるのが犯罪を起こさせる「場面」です。

 

綿密に犯行を計画する知能犯や経験豊富な犯罪者は別にして、いわゆる偶発犯(偶然やってしまった)や機会犯(たまたまその機会があった)、あるいは初発犯(非行者)などは、たまたま出会ったその場の雰囲気や状況に誘われる形で犯罪行動を起こしてしまうのです。

 

雰囲気に負けてしまうんですね。

空気読むタイプではありそうです。

 

例えば、通りかかった店先には周囲に誰の目もなく、つい手が出て万引きしてしまったとか、カフェで隣に座った人の忘れ物を店員に届けず持ち去ってしまったなどです。

 

出来心というか、悪魔がささやいたってヤツですかね。

どんな些細な悪魔のささやきでも、聞き取るのが上手な人もいそうですが。

 

こうした場面が犯行を誘引することを「場面誘引」といいます。

 

ところが、こうしたちょっとした犯行がうまくいってしまうと、同じような場面に出会わないかと期待するようになります。

 

あれ?

どんどん、悪魔の声が大きくなってきてますね。

 

そして、店員の目を盗める死角を探すようになってしまうのです。

 

これを「場面選択」といいます。

 

これは、もう悪魔に話を聞きに行っている状態ですね。

 

さらに、場面選択がうまくできないようになると、強引に場面をつくろうとします。

 

これが、「場面形成」です。

 

店舗をこじ開けて強奪するなど、その手口は悪質になっていきます。

 

こうして、最終的に、自分が悪魔になってしまう、という。

上手にオチがついたと思っているのですが、どうでしょう。

 

4.雑感

 

その時の場面って、やっぱり人の判断に影響を及ぼすんだなと思いますね。

 

こういう状況を作らないシステム設計が、根本的な解決につながるかもしれませんね。

 

もちろん、人権を制約しない範囲で。


751892FC-0876-4AD0-98D9-34206AB3A726

 

詐欺にはさまざまな手口がありますが、騙す側から見てみると、「騙しやすい人」「騙されやすい人」は確かにいるようです。

そして、騙す側は、このような相手の心理を鋭く見抜いて、巧妙に金品を引き出させるように導いていきます。

 

被害に遭ってる人はみんな、「まさか自分が騙されるとは」と思っているでしょうね。

 

そして、いつの時代も、騙す人間ってのはいるわけで。

 

非常に身近で、一般人の興味をそそられる結婚詐欺を例にみてみましょう。

結婚詐欺は、異性に対して恋愛感情や結婚の意思がないのに、それをちらつかせて金品を要求するものです。

 

人を操るために、恋愛感情とか好意的な感情ってのは、いい意味でも悪い意味でも成功確率を上げますよね。

 

自分のファンになってもらえば、おそらく大概の言動は信用してくれるでしょうね。

 

そんな意味で、恋愛感情を抱いている人間を相手に行う結婚詐欺ってのは、これからも発生してしまうでしょう。

 

【目次】

1.結婚詐欺に遭う4つの理由

2.頭が良い人ほど騙される

3.雑感

 

 

1.結婚詐欺に遭う4つの理由

 

通常、結婚詐欺師がターゲットにするのは、ある程度貯蓄があり、結婚願望のある異性ですが、なぜ要求されるがままに大金を貢いでしまうのでしょうか。

 

好きって気持ちがあるからってのは、当然そうなんでしょうが、具体的な理由は何なのか。

 

その理由として、次の4つがあります。

 

1つ目は、お金によって相手の心をつなぎ止めたいという心理が働くことです。

お金を渡すことで、相手より優位に立てるという心理が働くのです。

 

お金=力という意識は、悲しいかなほとんどの人が、少ないながら持っていますもんね。

お金を渡すことで優越感に浸ってしまうんですね。

 

2つ目は、相手が女性なら母性本能が働きます。

結婚詐欺を働く男性の多くは、女性に甘えるのが上手で、子どもが母親に甘えるように接して金品を「おねだり」します。

女性はその「おねだり」に、つい応えてしまうのです。

 

相手の好意だけでなく、本能につけ込むという点では、非常に成果を上げやすいという反面、悪質といえますね。

 

3つ目は、詐欺師に対する感情移転もあります。

これは心理学用語であり、例えば相手と接していくうちに、次第に親兄弟など、大事な人に対するのと同じ感情を抱くようになることをいいます。

 

人が他人に抱く好意の程度は、その他人と接した時間と比例するようです。

 

仲が良いから、長く付き合うのではなく、長く付き合ってるから、仲良くなるってことですね。

 

つまり、付き合いを重ねていくうちに結婚詐欺師をまるで身内のように思うようになり、こうなると、もし相手に不信感を抱くことがあっても、なかなか訴えられなくなるというわけです。

 

4つ目は、「結婚前提」という常識に囚われていることです。

誰しも式や新居の準備など、結婚には何かとお金が必要だという認識があります。

そのため、結婚準備のためだと要求されれば、ついお金を渡してしまうのです。

中には元交際相手への手切れ金や、前妻との間にもうけた子どもへの養育費という名目でお金を要求するケースもあります。

 

この人と心置きなく付き合って、結婚するために、色々なものの清算に協力しなくては!と思ってしまうんでしょうね。

 

2.頭が良い人ほど騙される

 

さて、騙される人の多くは、「自分は騙されない」自信があるようです。

 

自分には、客観力も論理性もある、と思っている人とかですね。

 

こうした人こそ、繰り返し騙されます。

「1回騙されたから、もう大丈夫」とか「今度は相手を利用してやる」といった過信に落とし穴があります。

 

「1回騙されたから、もう大丈夫」ってのは何も根拠ないんですけどね。

むしろ、自分はターゲットにされやすい性格なんだ、と思って、注意するようになってもよさそうなんですけどね。

そうはならないようです。

 

ところで、騙されている人を周囲がいさめても、本人はなかなかそれを認めたがらない傾向にあります。

周囲は「なぜ気がつかないのか」とか「どうして騙されているのは明らかなのに、またお金を渡してしまうのか」と思ってしまうのですが、本人は耳を貸しません。

 

なぜでしょうか。

 

それは、自分が騙されていることを認めたくないからです。

このような心理状態を心理学で「防衛機制」の「否認」に当たると考えます。

 

防御機制とは、葛藤状況の多い現実とうまく折り合っていくために、日常的に発生する心理作用です。

 

防御機制のうちの「否認」とはつまり、自分にとって都合の悪いことが起きると、そうとは認めたくないという心理作用です。

もし騙されていることを認めてしまえば、自分の愚かさをも認めてしまうことになります。

プライドの高い人なら、それはなおさら認められないことになるでしょう。

 

そして、逆にいさめた人に対して「あの人はそんな人ではない」などとだました相手を弁護してしまいます。

騙す側は、このような相手の心理を巧妙に利用しているのです。

 

3.雑感

 

まずは、客観的に、事実のみに注視することが大事ですね。

 

あなたの財布から、相手の財布にお金が移動している。

その移動には、何の等価交換もない。

ただ自分が渡しているだけ。

 

色々な感情を一旦おいて、事実だけ取り上げてみれば、それが本当に合理的かどうか判断できるようなれば、一歩目の疑いをもつことができるでしょう。

956C6413-4FEA-4B5A-B462-FE5C756AB989

凄惨な事件は、なぜ起きるのか。

 

残忍な殺人鬼の根源や思考はどうなっているのか。

 

様々な研究や検証がされ、ネットやテレビで取り上げられていますね。

 

怖いけど、興味がある。

 

サイコパスってのも、もうみんなが知っているワードになっていますね。

 

常人には理解できない、彼らの思考に触れていきたいと思います。

 

【目次】

1.性的サディズムと深い関係がある

2.酒鬼薔薇事件と宮崎勤事件

3.ファンタジーが快楽殺人を生む

 

 

1.性的サディズムと深い関係がある

 

世の中には、殺人を行うことで快楽や性的興奮を覚える人がいます。

 

怖いな~。

なかなか理解し難い嗜好を持っている人たちですね~。

 

この快楽を求めて行われる殺人を快楽殺人と呼びます。

金銭などを目的とした利欲殺人や、憎悪や嫉妬などの怨恨殺人と異なり、一度では満足せず、長期間に渡り、何度も繰り返されるのが普通です。

 

通常は、殺害は手段で、別途、目的があるんだと思いますが、快楽殺人は、殺人行為自体が目的ですもんね。

 

快楽殺人は、性的サディズムと強い関係があると考えられています。

 

「性的」も「サディズム」も、どっちも発言するときはちょっと気を遣うワードですね。

 

性的サディズムは性的嗜好の1つで、それ自体は犯罪ではなく、同好の士は多数います。

通常は暴力ポルノや暴力映画などを見て満足しますが、稀にそれでは快感を得られない人がどんどんエスカレートしていって、殺人に至るのです。

 

また、犯人の多くは幼いころから小動物の虐待や殺害をしており、小動物に飽き足らず殺人にまで至るというのが典型的なパターンです。

 

快楽殺人は、凄惨な死体損壊や性器損壊、時には食人を伴います。

 

よく映画とかでこういう殺人鬼がいますよね~

怖いもの見たさで観る人は多いんじゃないでしょうか?

結構、名作でも、こういうキャラクターが出てくるのありますよね。

「羊たちの沈黙」とか。

 

殺人に性的快感を覚えるため、解体した死体を見ながら自慰行為をすることもあるようです。

 

このレベルまで来ると、常人には理解できない域ですね・・・

 

2.酒鬼薔薇事件と宮崎勤事件

 

酒鬼薔薇事件の酒鬼薔薇聖斗も、鑑定の質問に対して、「初めて勃起したのは小学5年生で、カエルを解剖したときです。中学1年では人間を解剖して、はらわたを貪り食う自分を想像して、オナニーしました」と答えたといいます。

 

ある意味、酒鬼薔薇聖斗がこういう人間で安心する部分ありますよね。

普通の嗜好を持つ人間が、あんな凄惨な事件を起こすってなると、結構恐怖ですもんね。

 

語弊を招くかもしれませんが、異常な事件の犯人は、やはり理解し難い人であってほしい・・・。

 

そして、ついに彼は殺人を犯し、エロティシズムを体験したと考えられます。

精神科医は、それを「性的サディズム」と呼びました。

 

宮崎勤事件は、宮崎勤が強制わいせつ容疑で現行犯逮捕された後、連続幼女誘拐殺人事件へと発展します。

 

彼は幼女の死体を焼いた現場で骨に愛撫するなど、その犯行の異常性が際立っていました。

 

骨を愛撫って、怖すぎますね。

怖い話であってほしい。

フィクションあってほしい、と思うようなエピソードです。

 

公判においては「犯行は覚めないで夢の中でやった」などという発言もしています。

彼の性愛の対象は成人の女性より幼女であり、幼女より死体を愛し、さらに死体を解体したものをビデオに撮るなどして満足感を得ていたと分析する人もいました。

 

3.ファンタジーが快楽殺人を生む

 

幼児期に親の愛情に恵まれず虐待などのトラウマを体験し、思春期以降に性的空想と性的快楽が繰り返され形づくられるものを「ファンタジー」と呼びます。

 

快楽殺人は、このファンタジーな世界を現実に実現させようとした行為ということができるかもしれません。

 

39CF2F76-004D-41B1-B304-238B2EA37F6B

 

周りに人がいると、なんかやる気が出る時ってありません?

体育祭とかで、クラスのみんなが見てるとやる気出たり。

カフェや図書館で勉強してるときに、周りに自分と同じように、勉強してる人がいる場合とか。

 

普段全然やる気ないのに、周りに誰かがいると、なんか張り切っちゃたりする時ありますよね。

 

これって何なんでしょう?

たまたま?

 

【目次】

1.誰かいると、糸を早く巻ける

2.人前では緊張する

3.結局は慣れるしかないという絶望

4.雑感

 

1.誰かいると、糸を早く巻ける

 

そこで、こんな風に、誰かがいると、やる気が出るっていう現象を検証するために、とある実験が行われました。

 

通称、糸巻実験です。

 

い~と巻き巻きでお馴染みの糸巻です。

お馴染みかは知らんけど。

 

この実験では、まず釣り糸を巻くリールを改造し、糸巻機を作成します。

 

こういう実験内容を知ると、たびたび思うんですけど、実験の器材を作る時点で、発想力エグいなって。

 

これ調べよう!

じゃあ、こんな道具が必要だな!

よし、作ろう!

 

ってなります?

 

まず、こんな道具必要だなって、どんな道具よ?

一体どんな道具作ったらいいのよ?ってなりますよね。

僕はなります。

 

脱線しましたので、話を戻します。

 

この糸巻機を使って、一定の長さの意図を巻く作業を行います。

そして、ひとりで巻くのと、ふたりで巻くのとでは作業スピードがどれだけ変化するのかを比較したんです。

 

なるほど。

これなら、確かに、ひとりで巻くより、自分以外がいた方が、早く巻けるのか、自分以外の人の存在が作業スピードに影響するのか、分かりそうですね。

 

結果は、一人で巻くよりも、二人で巻いたほうが、スピードが速くなることが判明しました。

 

やっぱり、自分以外の人がいるって、作業に結構影響しそうですね。

 

ちなみに、こうした現象を「社会的促進」といいます。

 

この実験結果からすると、自分一人だけの場合より、自分以外の人間が周りにいた方が、やる気がでて、能力も十分に発揮できるってことになりそうですね。

 

残念。

 

そうはいきません。

 

世の中は厳しいんです。

そんな単純じゃないんです。

 

そう。

必ずしも他者の存在がいい結果を生むとは限らないんです。

 

2.人前では緊張する

 

例えば、会社でプレゼンを行う際、他者がいることで緊張してしまい、うまくプレゼンができなかったことはありませんか?

 

これはありますね~

嫌ってほどありますね~

 

就活の面接で面接官が結構たくさんいる時とかってメチャクチャ緊張しますよね。

面接会場に行く道中で、もう緊張してます。

電車の中で、呼吸の仕方がおかしくなってます。

 

学校で何かを発表するときとか、入社の挨拶とか、とにかく緊張します。

 

こんな風に、周りに人がいることによって、逆に緊張して、いつも通りに振舞えないって現象もありますよね。

 

このように他者の存在によって作業の質や量が低下する現象を「社会的抑制」といいます。

 

促進の逆は抑制です。

 

3.結局は慣れるしかないという絶望

 

でも、ちょっと待って。

 

周りに人がいるって状況は同じなのに、全く逆の効果があらわれるのは、なぜ?

どうして、社会的促進と社会的抑制がおきるの?

 

それらを分ける鍵、見つけました。

ついに発見です。

 

それは個人の習熟度です。

 

物事に対して慣れているかどうかで社会的促進と社会的抑制のいずれかが起きるというわけです。

 

これは、つまり、そりゃそうだろうなーってことですね

 

先ほどのプレゼンの例を考えると、プレゼンに慣れているAさんは、他者がいるとむしろ張り切って自分の企画を提案できますが、プレゼンに慣れていないBさんは、他者の存在が気になって緊張してしまい、自分の企画をうまく提案できません。

 

社会的抑制を避け、促進的効果を得るためには、その物事に対して経験を積むか知識を高めることが必要となるわけです。

 

結局、人前でしゃべることに慣れていれば、そんなに緊張しないだろうし、自分が詳しい分野の話であれば、ある程度自信をもって話すことができるってことですね。

 

4.雑感

 

社会的促進や社会的抑制の内容について、そんなこと知ってるわ!って感じるかもしれませんが、それでは、まだまだ甘いです。

 

重要なのは、他者がいると張り切ったり、緊張したりするのは、性格の問題が原因とは言えないってことです。

 

れっきとした人間の心理現象であり、原因を知れば、何らかの対策を立てられるってことですね。

 

今回の社会的抑制に関していえば、慣れるしかないような感じしますが、他にも、自分で考えて有効な対策を練れるかもしれません。

 

それに、緊張するのは、心理現象であり、自分が緊張しいでダメな人間なんだと、自己否定する必要はないってことです。

 

しっかりと心理学を学べば、過度に苦しむことはなくなります。

 

やったね!

12AF6A8B-80AB-4439-99EB-B7ED258A4266

何かの組織やグループに属していると、自分の意見が言いにくい時がありませんか?

新人だったり若手だったりすると、確かに立場的に、発言しにくいってことがあるかもしれませんが、そうでなくても、なんとく自分の意見が言いにくいってことありますよね。

 

人はなぜか、グループや組織に服従してしまう。

同調してしまう。

 

本当は、違う意見を持っているのに・・・

 

【目次】

1.日本は特に強い「同調」

2.集団の判断が個人の判断よりも良いとは言い切れない

3.雑感

 

1.日本は特に強い「同調」

 

人間は、グループで何かを決める時、本心では違うことを思っているのに、周囲にあわせて同調してしまうことがありますよね。

 

こうした上辺だけの同調のことを「外面的同調」といいます。

 

例えば、これからみんなでカラオケ行こうと盛り上がっている時に、本当は行きたくないんだけど、「断ったら場をシラケさせてしまいそう」とか「付き合いの悪い奴と思われそう」と感じて、結局、一緒にカラオケに行ってしまう。

そんで、全然楽しめなくて、時間もお金も無駄にしてしまうってことありますよね。

 

逆に、周囲の意見が正しいと思って、同調することを「内面的同調」といいます。

 

この「外面的同調」ってのが、いわゆる服従行動に影響するんですね。

 

たとえば、企業ぐるみの不正行為は、服従行動によって発生すると言っていいですよね。

本当は、良くないことだと分かっていても、「会社のため」とか「自分の立場を悪くしたくない」とか考えて、上司に命じられるまま、不正に加担してしまうんですね。

こんな時は、人間は冷静な判断ができなくなっています。

悪いことはしてはいけない、ということより、会社での自分の立場の方が大事だと考えてしまうんです。

不正がばれた時のデメリットまで考えが及ばなくなってしまうんですね。

 

権威への服従を引き起こす力を「社会的勢力」といいます。

 

これは、5つに分類することができます。

報酬を与えることで服従を促す「報酬勢力」

上司や先輩など目上の立場であることを利用する「正当勢力」

相手の好意や敬意を利用する「参照勢力」

その分野の専門家であることで服従を起こさせやすくする「専門勢力」

相手に罰を与える権利を持つ「強制勢力」

 

このように5つに分類することができます。

全て、なんとなく身に覚えのあるものですね。

組織にいる以上、これらの勢力を味わったことがある人は多いでしょう。

 

普段は、善良で、しっかりとしか規範意識がある人でも、こうした社会勢力に組み込まれると、間違っていると分かっていても、服従してしまうことがあるんですね。

 

2.集団の判断が個人の判断よりも良いとは言い切れない

 

さらに、個人だと正しい判断ができるのに、集団で協議すると間違った判断を下してしまうことがあります。

 

これは、「集団的浅慮」といわれています。

集団だと考えが浅はかになるんですね。

「三人寄れば文殊の知恵」って言葉がありますけど、集団になると、アホになるんですね。

それはなぜか?

みんなの知恵を集めれば、いい答えを導き出せそうなのに。

 

「集団的浅慮」を提唱した心理学者ジャニスによると、集団的浅慮はメンバーの結束力が強く、反対意見の出にくい閉鎖的な集団に発生しやすいそうです。

 

「集団的浅慮」が起きる兆候としては、自分たちは大丈夫という無根拠な過信、外部からの忠告の軽視、自分たちにとって不都合な情報や反対意見の遮断があります。

これらを改善しなかった場合には、意思決定のプロセスにおいて、「他の案を充分に検討しない」「その案が抱えるリスクやコストが検討されない」「非常事態での対応策を考えない」といった問題が起きます。

 

ジャニスは、過去のアメリカ政府がおこなった政策における意思決定プロセスを分析しましたが、これは、民間企業にも言えることです。

例えば、工場などで以前からその危険性や問題が指摘されていたにもかかわらず、組織がこれを軽視した悔過、重大な事故を引き起こしてしまったというのも、集団的浅慮の代表的な一例です。

 

3.雑感

 

これからは、個の時代が来ます。

組織に頼らない働き方がどんどん生まれてきています。

副業の収入が、徐々に本業の収入を超えるようになれば、過度に組織に依存する必要はなくなり、服従することもなくなるでしょう。

そうすれば、組織の人間を気にすることなく、自由な言動をすることができます。

それによって、結果的は、良い成果を出すこともできるかもしれません。

確かに、組織は、ある程度、個人を保護してくれますが、その代償として、個性を奪うこともあります。

それに、これからの時代は、企業の新陳代謝が早くなります。

会社の言うことを忠実に守っていたとしても、その会社がなくなるかもしれません。

自分の能力で生きていく力を身につけることが、これからは必要になってくるのではないかと、考えたり、考えなかったりします。

 

 

F7E86FDC-45F5-45F7-93D6-4D47FB39EFAF

このページのトップヘ