人見知り司法試験合格者 読解くん(ヨミトくん)のアウトプット

1.ロッキンジャパンが中止

日本最大級の音楽ロックフェスティバルであるロッキンジャパンが中止になりました。

この結果をうけて、色々なアーティストの方が意見を表明しています。

主には、「オリンピックは開催するのに、なぜフェスは中止なのか」という内容です。

ロックフェスは、音楽好きにとっては、非常に楽しみなイベントですし、アーティストにとっても大事なイベントです。

そんなロックフェスが、開催約1か月前に中止となったことは、非常に残念です。

オリンピックは、確かに国をあげてのスポーツイベントですし、関わる人間も世界規模で沢山います。

そのため、開催中止という判断は、難しいのだと思いますし、開催してほしいと願っている人も多いです。

ただ、それはロックフェスにだって当てはまります。

特に若い世代にとっては、音楽フェスというのは、かなり楽しみなイベントだと思います。

そんなロッキンジャパンがこんなにも簡単に中止になるのはなぜなのか?

2.冷遇される日本の若者

修学旅行などの学生たちのイベントもどんどん中止になっています。

大学生も、リモート授業が多くなっています。

アルバイトもできずにいます。

若い世代の楽しみが、どんどん奪われている状況は、悲しいです。

色んなことを経験し、感性を磨く時期に、沢山のイベントや体験がなくなっていることに、とても悲しい思いになります。

それでも、やはり若い方たちは、楽しみを見つけるのが上手です。

ネットやSNSを活用し、閉塞した日常を明るくしようとしています。

これまでの大きなイベントの中止も、なんとか受け入れてきました。

そんなかで、オリンピックは開催して、音楽フェスは中止となれば、もう日本や社会に何も期待しなくなるのではないでしょうか。

この状況で、将来に希望をもてるのか、心配です。

そもそも、今の日本の若い世代の扱いは、かなり厳しいです。

国家予算のうち、教育や研究に配分されるのは、社会保障の7分の1です。

これからの日本を作るのは、今の10代~20代であるはずなのに、彼らを教育をするための費用は、国家予算のわずか5%です。

一方で社会保障は、もっとも多くの割合を占める約35%です。

この社会保障には、子育てのため支援金等も含まれますが、主なものは、医療費、介護費、年金です。

高齢者はとても厚く保護されています。

このままでは、若者は、育たず、数十年後の日本は、世界的にかなりの弱小国になるでしょう。

3.国家の若者に対する認識

少し考えれば、日本が弱体化するという予測ができるのに、なぜ、こんな状況になってしまったのか?

それは、選挙です。

国家予算の配分を決めるのは、国会議員ですが、この国会議員は選挙で選ばれます。

つまり、選挙は、国会議員の就職活動なわけです。

当選したい立候補者は、自分に入れてほしいから、投票してくれる人達のメリットになるような行動をとります。

そうしないと、自分の職がなくなるからです。

そして、現在、投票してくれる人たちの多くは、高齢者です。

だから、この高齢者に気に入られるような政策をします。

気にいられて、自分に投票してほしいからです。

選挙に行かない人達に気に入られても、自分の当選にはあまり影響ないので、この人達のメリットは後回しになってしまいます。

このような構造になっているため、近年、若い世代に向けて、選挙に行こうという呼びかけが活発になっているんです。

若い世代のため、国家予算を使うために、若い世代に投票してほしいんです。

そうしないと、日本の将来が危ないからです。

極端に言えば、誰に投票してもいいんです。

若い世代にも多くの票があることを政治家に認識させることが大事なんです。

とは言いつつ、投票は、義務ではなく、あくまで権利です。

権利を行使するかどうかは、権利者の自由です。

鬱陶しいな、と感じるぐらい、なぜ世間が投票に行けというのか、その背景をできるだけわかりやすく説明したかっただけです。


フェス中止はつらいなー!

来年は是非とも開催してほしい!

24B71601-5D55-478D-8D6B-503552BFB71E

「なんか知らない荷物が届いた」「頼んだ覚えがない商品だったけど、代金請求された」なんてことを経験した人も多いかと思います。

それは「送りつけ商法」という悪徳商法かもしれません。

送りつけ商法とは、注文していない商品を、一方的に送りつけて代金を請求する手口の悪徳商法です。

令和の時代でもまだこんな手口が?!と思いますが、コロナの影響で在宅が増えた状況を狙って、むしろ送りつけ商法の件数は増えています。

送りつけられてきた商品をどうしたらいいのか?って感じですよね。

勝手に処分したら後で代金請求されるんじゃないか?とか。

でも、家で保管しておくのも負担になるし、送り主に連絡するのもメンドいし。

さて、どうしたものか、って感じですが、

結論から言うと、勝手に処分して大丈夫です。

届いたその日に、ゴミ箱へポーイッで全然OKです。

これが令和3年7月6日に施行された改正特定商取引法の内容です。

 

【目次】

1.改正前の送りつけ商法の対応

2.改正後の送りつけ商法の対応

3.具体的な対応

 

1.改正前の送りつけ商法の対応

 

これまでの法律だと、勝手に送られてきた商品は、受け取ってからすぐには処分できなかったんです。

受けっとった側で、14日間は開封せず保管しなければならなかったんです。

14日間経過すれば、処分できるんですが、その間は保管してなきゃいけないって結構ダルイですよね。

こっちが頼んだわけでもなく、勝手に送りつけといて、14日間も保管しなきゃいけないって、おかしいですよね。

改正前の特定商取引法

59条 (売買契約に基づかないで送付された商品)

1 販売業者は、売買契約の申込みを受けた場合におけるその申込みをした者及び売買契約を締結した場合におけるその購入者(以下この項において「申込者等」という。)以外の者に対して売買契約の申込みをし、かつ、その申込みに係る商品を送付した場合又は申込者等に対してその売買契約に係る商品以外の商品につき売買契約の申込みをし、かつ、その申込みに係る商品を送付した場合において、その商品の送付があつた日から起算して十四日を経過する日(その日が、その商品の送付を受けた者が販売業者に対してその商品の引取りの請求をした場合におけるその請求の日から起算して七日を経過する日後であるときは、その七日を経過する日)までに、その商品の送付を受けた者がその申込みにつき承諾をせず、かつ、販売業者がその商品の引取りをしないときは、その送付した商品の返還を請求することができない。

2 (以下略)

相変わらず、法律の条文って読みにくいですね。

これってつまりは、勝手に商品を送りつけてきた場合、送ってきた側は、14日間は、返還の請求をできるよっってことです。

つまり、裏を返すと、送ってきた側が、14日間は返還を請求することができるので、その間は、受けとった側は、商品を保管しといてね、処分しないでねってことです。

14日間とはいえ、処分できないってのはメンドいですよね。

 

2.改正後の送りつけ商法の対応

 

この14日保管ルールが、改正により、無くなりました。

改正された法律が適用されるのが、令和3年7月6日からなので、これ以降に送りつけられた商品が対象となります。

極端に言えば、受け取ったら、捨ててもいいし、勝手に使ったり、食べたりしても大丈夫です。

送った側は返還請求することができないので、弁償ってこともありません。

改正後の特定商取引法

59条 (売買契約に基づかないで送付された商品)

1 販売業者は、売買契約の申込みを受けた場合におけるその申し込みをした者及び売買契約を締結した場合におけるその購入者(以下この項において「申込者等」という。)以外の者に対して売買契約の申込みをし、かつ、その申込みに係る商品を送付した場合又は申込者等に対してその売買契約に係る商品以外につき売買契約の申込みをし、かつ、その申込みに係る商品を送付した場合には、その送付した商品の返還を請求することができない。

2 (以下略)

 

59条の2(新設)

販売業者は、売買契約の成立を偽ってその売買契約に係る商品を送付した場合には、その送付した商品の返還を請求することができない。

これまた読みにくいですが、勝手に送りつけてきた商品について、送った側は「返せ」って言えないよってことです。

だから、受け取ったらもう処分しちゃって大丈夫です。

例えば、「不要な場合は返送してください。送料は元払いで。」とか、「返送がなければ購入したとみなします」とか書かれてても大丈夫です。

いらないモノだったら捨てちゃいましょう。

 

3.具体的な対応

 

このように、送りつけられた商品は、すぐに処分してしまって問題ありませんが、無用なトラブルに巻き込まれないためには、不審な、詳細不明な宅配便などは受け取らない、という方法が一番良いでしょう。

特に、代引き等でお金を支払ってしまうと、たとえ法的手段を取ろうとしても、現実的にお金を取り返すことは難しいですし、時間もかかります。

それでも、例えば、家族の誰かが注文したモノの可能性もあります。

その際は、受取保留にしましょう。

そうすれば、不在扱いになるので、もしも正当なモノであれば、再配達の依頼ができます。

A0069164-72B2-4A17-96F9-7080A16F5321

渋谷のハロウィンって聞くと、どんなことをイメージしますか?

毎年盛り上がってましたよね。

みんな楽しそうなのは何よりなんですが、一部の人たちは、ちょっと行き過ぎた行為したり、街にはゴミが散乱したりと、あまり好ましくない状況になっている部分もありますね…

あれだけ人が集まると、テンション上がってしまうのはある程度理解はできますが、
痴漢、窃盗、ケンカはテンション上がってるからといっても許されるものではありません。

トラックを横転させたことにいたっては、もう意味不明です。

普段ならいくらテンション高くてもやらない行為、やってはいけないと分かっている行為を、なぜ、あの日はブレーキが効かなくなるのでしょうか?

ハロウィンの魔法、といってはファンタジーすぎて、そんな可愛いものではないのですが、渋谷に集まった人間を暴徒化させるものの正体は?

それは、言わずと知れた『群衆心理』です。

【目次】
1.群衆心理の3つの要素
⑴ 『一体感』
⑵ 『無責任性』
⑶ 『無名性』
2.雑感

1.群衆心理の3つの要素

群集心理という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

ただ、群衆心理は、具体的にどんなことが作用しているのか?

それは、『一体感』『無責任性』『無名性』です。

⑴ 『一体感』

一体感ってのは、よく聞きますね。


文化祭とか体育祭とかでは、クラスの一体感はすごい、とか言って、担任の先生が喜んでいたりします。
この一体感ってのは、人間にとってすごく心地いいんですね。
一体感を感じてる時は、みんなが同じ方向を向いて、不純物が一切ない感覚になりますよね。
それ自体はとてもいい事だと思います。

しかし、一体感にも落とし穴があるんです。
それは、気分が高揚しすぎるということです。
気分が高揚すると、人間はバカになります。
感情が高ぶり、冷静な判断ができなくなります。

しかも、渋谷のハロウィンはみんなアルコールを体内に取り込みまくってますよね。
ただでさえ判断能力が鈍っているところに、アルコールの力が加わって、もう人間ではありませんね。

人間の姿をした何か、と言っても過言ではありません。
上手に二足歩行できる何かになってもおかしくありません。

⑵ 
『無責任性』


そして「無責任性」です。

群衆は、組織等の集団と違って、一人ひとりに役割や義務がありません。

つまり自由なんです。

何をやっても、同じ群衆の誰かに責められるようなことはありません。
だから、何でもやっていい、という無責任さが出てきてしまうのです。
群がった周りの人間が、みんな味方だと思って、思い切ったことをやってしまうんですね。

そして、盛り上がってるからトラックをひっくり返したりしてしまうんです。

⑶ 
『無名性』

さらに「無名性」が、押さなくていい「無責任性」の背中を押してしまいます。

人間は、自分の名前がバレないと思うと、とたんにモラルがなくなり、罪悪感が消え失せてしまうんですね。

ネットではよく見られる光景ですが、渋谷のハロウィン並みに人が集まると、ほぼネットの世界と変わらなくなります。
誰も、隣の人間の名前なんか気にしません。
気になるのは、自分より目立つ格好をしているかどうか、イケメンか、美人か、自分と同じテンションで盛り上がってるかです。
その瞬間は、それが大事に思えてしまうのです。

その結果、一部の人の頭からは、法律が消えてしまいます。

2.雑感

このように、渋谷のハロウィンを苦い顔して見ている人は少ないと思います。

そして可哀想なのは、純粋にあの場所を楽しもうとしている人達です。

自分のアイデアで、仮装して、そんな仲間で、同じ場所に集まって、びっくりするような仮装をしている人を見たり、全然知らない人に自分の仮装を褒めてもらえたり。
特に何かするわけでも、有名人が来るわけでもなく、それでも、楽しい瞬間が、そこにあるってすごく素敵なことだと思うんです。

本来のハロウィンとは、だいぶ様相は変わってしまっていますが、楽しめる場所があれば、それでいいですよね。

自治体だって、全面禁止にするわけではなく、多少は多めに見ているはずです。

この文化自体が、群衆心理に敗北した一部の人間のせいでなくなるのは、ちょっと悲しいですね。

参加する人も、参加しない人も、ネガティブな気持ちにならない、そんなイベントになってほしいもんです。

78F0F183-CA07-40FB-B322-BE5505487773

このページのトップヘ